JNCD-1015

Variations on a Polish folk song op.10/ K. Szymanowski
シマノフスキ: ポーランド民謡の主題による変奏曲 作品10 / 村上将規

ショパン以降のポーランドで最大の国民的作曲家と言われるシマノフスキ。幻想的な序奏から始まる変奏曲(作品10)は充実した内容で演奏には高度な技術が必要とされ、物悲しく美しい旋律の主題に続き十の変奏から構成されている。一方、バーバーのピアノ曲の中でひときわ光彩を放つ存在であるこのピアノソナタは、アメリカのピアノ音楽の名作であるとともに、ヨーロッパのソナタの伝統をよく踏まえているといわれる。二作品の他にもポンセのインテルメッツォは、物悲しさとほのかな温かさに引き込まれる演奏であり、これらを含む本録音は、ピアニスト村上将規の持つ豊かな描写力と色彩感をいかんなく発揮した好演を楽しむことができる。

About the performer
“Flexibility” and “simplicity” can be called the keywords of Masanori Murakami's performances. Anyone witnessing his piano performances will surely have their eyes glued to his varied and fluid technique. His incredible flexibility is what makes possible his extremely precise and melodious musical expression. At the same time, his personality is one that retains a childlike innocence, and with a playful glimmer in his eyes, his finely tuned senses delicately reflect changes in the music. The high degree to which he combines technique and sensibility is nothing short of astounding.

■モーツァルト:フランスの歌曲
「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による12の変奏曲 K.265
■シマノフスキ:ポーランド民謡の主題による変奏曲 op.10
■ポンセ:インテルメッツォ第1番
■ブラームス:カプリッチョ 嬰ヘ短調 op.76-1
■ブラームス:インテルメッツォ イ長調 op.118-2
■プロコフィエフ:ピアノソナタ第1番 ヘ短調 op.1
■バーバー:ピアノソナタ op.26  ※ライブ録音




Audio sample

1

W.A.Mozart: Twelve Variations on "Ah vous dirai-je, Maman" K.265

2

K. Szymanowski: Variations on a Polish folk song op.10

3

M. Ponce: Intermezzo No.1

4

J. Brahms: Capriccio fis-moll op.76 -1

5

J.Brahms: Intermezzo A-dur op.118-2

6

S. Prokofiev: Piano Sonata No.1 f-moll op.1

7

S.Barber: Piano Sonata op.26 I. Allegro energico(Live Recording)

8

II. Allegro vivace e leggiero

9

III. Adagio mesto

10

IV. Allegro con spirito