JNCD-1016

Fantasy/ Szymanowski, Rachmaninoff
シマノフスキ:幻想曲, ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番(ホロヴィッツ版) / 村上将規

「柔軟」と「純真」、これが村上将規氏の演奏のキーワードではなかろうか。彼のピアノ演奏を見る者は誰しも、鍵盤上での自在で柔らかい手の動きに目を見張るだろう。その抜群の柔軟性こそが、隅々まで正確で、かつ歌に満ちた音楽表現を可能としている。また彼は、子供のような純真な心を失わない人物であり、楽しい物事の前で目をキラキラ輝かせるが如く、鋭敏な感性が楽想の変化を敏感に捉える。この技術と感性が両立されている次元の高さは、驚くべきものだ。モーツァルトの表現に純真さは不可欠。ここでは反復時の装飾音の工夫も聴き逃せない。シマノフスキは細部に至るまで極めて美しい響きに魅了される。これぞ高度な演奏技術の為せる業。リストも同様の美質が感じられる演奏で、細かい音の動きから浮かび上がる歌が聴き手の耳を心地良く刺激する。ショパンは霧がかかったような表現が新鮮で、情熱的でストレートな演奏とは一線を画する。奏者独自の感性の賜物であろう。ラフマニノフにおいては奏者の長所が全開。豪快さ、とろけるような抒情、これらがあいまって呼び起こす圧倒的な興奮で、プログラムを締め括る。

About the performer
“Flexibility” and “simplicity” can be called the keywords of Masanori Murakami's performances. Anyone witnessing his piano performances will surely have their eyes glued to his varied and fluid technique. His incredible flexibility is what makes possible his extremely precise and melodious musical expression. At the same time, his personality is one that retains a childlike innocence, and with a playful glimmer in his eyes, his finely tuned senses delicately reflect changes in the music. The high degree to which he combines technique and sensibility is nothing short of astounding.

■モーツァルト:ピアノソナタ第10番 ハ長調 K.330
■シマノフスキ:幻想曲 ハ長調 作品14
■リスト:エステ荘の噴水 S.163/4(「巡礼の年 第3年 S.163」より)
■ショパン:舟歌 作品60
■ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番 変ロ短調 作品36(ホロヴィッツ版)


     


Audio sample

1

W.A.Mozart: Sonata in C major K.330 I. Allegro moderato

2

K.330 II. Andante cantabile

3

K.330 III. Allegretto

4

K.Szymanowski: Fantaisie in C major Op. 14

5

F.Liszt: Les jeux d'eaux a la Villa d'Este S.163-4 (from Annees de pelerinage III)

6

F.Chopin: Barcarolle Op.60

7

S.Rachmaninoff: Piano Sonata No.2 in B-flat minor Op.36 (Horowitz edition) I. Allegro agitato

8

II. Non allegro

9

III. Allegro molto